« がめら | トップページ | 10月23日はモルの日だそうです »

2015/10/13

division by zero

石屋もどきは激怒した。 必ずあの邪知暴虐のゼロで除かねばならぬと決意した。

石屋もどきにには算数が分らぬ。石屋もどきは石屋では無い。

ホラを吹いてダラダラ遊んで暮らしてきた。

だが邪悪には人一倍敏感であった。

リンク: 【第7回】算数は数学じゃない a÷0=0やa×b≠b×aの意味:主任39の時事ネタ右上思考 - ブロマガ.


division by zero ってよく出ますよね。

でもってゲンナリしてバグ探しが始まるのですが。

わる数が0のとき、そのわり算の商は0になる。

そうなんです。算数ではこう定義されているんです。定義づけされてしまえば、その定義から外れた答えを出したとき、誤答となるのはしょうがないことなのです。「明日の体育の時間は赤色の体操着を着てきなさい」といったのに、「紺色のスクール水着」を着てくれば、それは間違いです。
(0で割ること=ゼロ除算についてもっと知りたい人はニコニコ大百科も参照のこと)

そうなんだったかなぁ? 

遠い昔の記憶を辿ってみても思い出すわけも無く。騙された気しかしないんですが。

リンク先を見てみると面白い事が書いてまして。

例えば10÷3を計算する時、10からは3が3回引けて1余るから、10÷3=3…1
つまり、10からは0がいっぱい(無限回)引けて、でも減る事はないから10余るから…

    10÷0=∞…10 だ!

これ、無限に減算しなければならないのに既に答えが出ているの?

どうなのこれ? 完全にすり替えられているよね?

小学校の教育っていうのは社会生活に必要な最低限の知識を身につける事だと勝手に思い込んでいたのです。

だから「細かい理屈はいいから、とにかく憶えとけ」っていうのが成り立つと思っている訳ですよ。

でも、とにかく憶えとけっていうのが間違ってたらダメじゃ無いだろうか。

それに、かけられる数とかける数の順序っていうのもモヤモヤしますよね。

鉛筆の例題が有りますが、これは箱というパッケージが出てくるので感じ取りやすいですが、ちょっと話を変えてみます。

4バルブのDOHCヘッドを搭載しているV6エンジンにはバルブは全部でいくつあるでしょうか?

4×6でしょうか6×4でしょうか。

馬鹿な私には分りません。 国語なのか、それとも社会性や感性を評価する教科なのか。

少なくとも計算では無いと思います。

算数的本質っていうのは正しい(必要)なの?

もう帰って寝る寝る。

|

« がめら | トップページ | 10月23日はモルの日だそうです »

コメント

圧倒的に4×6です 小学校以来、4+4+4+4+4+4=4×6、6+6+6+6=6×4 と認識しています 式は左から右に読むものだから、4×6は4を6倍、6×4は6を4倍だと思っています いかがでしょうか?
今朝は屋島少年自然の家そばの山道から屋島登山をしました 小学校のキャンプ以来の登山道でしたが、イノシシに一度遭遇した以外は楽しい登山でした 意外と道は整備されているんですね(松井谷の八栗寺への遊歩道は荒れ放題です…ローカルな話題ですみません)

投稿: 鉄人A もうすぐ父親 | 2015/10/16 17:38

あ、いやですね。
なぜ 4+4+4+4+4+4=4×6 を採るかという事が分らないんですよ。
先に出てくる数がかけられる数で後から出てくる数がかける数になるという規定が有るならば、それが必要かどうかは別にして話は分るのですが。

「4バルブのシリンダが6気筒有るのか、6気筒のシリンダ毎に4バルブ乗っているのか。」

と言う事を把握する問題では無いの?

現実的には、V6エンジンの場合片バンク3気筒になるので

4×3×2=24 

という類いの式は成り立つと思う。 バカにした答えだけど。

そんなことよりも、昨夜、屋島で子ダヌキに2回遭遇しましたよ。
屋島って狸がいるんですね。 子供の頃屋島の狸は話だけが残っていて既に絶滅していると教わりましたから。牟礼でも猪の被害が多くて電気柵も目立ってきました。
野生動物って増えているんですかね、400kgのクマの話題も有りましたし。

松井谷の遊歩道は八栗寺に続いているんですか?
R145にぶつかっても3mぐらいの石垣になっていてよじ登らなければならなかったんですが・・・迂回路が有ったのかなぁ。

投稿: | 2015/10/17 09:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« がめら | トップページ | 10月23日はモルの日だそうです »